コロラドの時々日記

トランスフォーマーを中心にアメコミの事を載せたりするブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

クロスオーバーもの

アマゾンで買ったJLA/アベンジャーズを某所で紹介したら
あっという間に売り切れた模様(元々在庫が少なかったんですが)

ネットの力って恐ろしい
(現在は再入荷しているようです)

スポンサーサイト

PageTop

グリーンランタン エメラルドトワイライトpart1あらすじ

コーストシティの跡地に立つハル
700万の住人もろともコーストシティを消滅させたモングルとサイボーグスーパーマンは
ハルとスティールが撃退したが、もちろんコーストシティは戻らない

そこでハルはグリーンランタンのリングを使い、街を復元させようとする
始めに蘇らせたのは自分の父親
兄達と比較する父親に対してハルは自分が十分一人前だと主張するが
「ならば何故コーストシティを守れなかった?」と問い返される
そして父親は死の場面を再び演じて消え去るのだった

次に蘇ったのは母親
自責の念に駆られるハルに対し、全てを忘れて足を進めろと母親はアドバイスをする
だがハルは無理だと答えるばかり

そしてハルはコーストシティの全てを復元し、街の中を歩き始める
初恋の相手ジェニファーと共に
だがその空虚な幸せは長くは続かなかった
リングの力が24時間を向かえ、なくなってしまったのだ
そのハルの前にガーディアンの1人が姿を現し、リングの返却と求める
ハルの先ほどの行動が私欲からの行動であり、グリーンランタンとして許されざる力の使い方だとガーディアンは言う
そんなガーディアンのホロをハルは打ち砕き、宇宙へと飛び去った

十数年前、1人の男が宇宙から落ちてきた。彼は死にかけていた
男が最後に取った行動はハルに驚異のリングを渡す事
リングの力には少しの制限が存在する
リングは意思の力と結びついているのだから
だがリングはいかなる物でも創る事が出来る
もし持ち主がそれを望むのならば




ハルがパララックスとなるエメラルドトワイライト(Green lantern Vol.3 #48)の1話目
ほぼ1話丸々を使ってコーストシティを失ったハルの心情描写が
蘇らせた父親の言葉から守れなかった自責や父親に認めてもらいたい想い、
母親の言葉からは全てを忘れて新しく踏み出したいけれども踏み出せない、
どうしたら良いのかわからない気持ちが表されてる
冒頭とラストの2回でアビン・サーについて言及する構成が上手い感じ

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。