コロラドの時々日記

トランスフォーマーを中心にアメコミの事を載せたりするブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

アイアンマン2を見る

封切りが2日、アイアンマン2を見てきた
昨日1のDVDも見返して予習もばっちり
この映画は70%ぐらいがイワンで構成されている映画だと思った

とりあえず最初にいくつか欠点だと思ったところを
まずはストーリーが弱い
必要な事は語られているとは思うけど、
ローズにmk2を強奪させた経緯とか、イワンの父が何をしたか辺りもうちょっとしっかり描写があった方が良いように思う

あとは社長の毒が本質的ではないにしても凄まじくあっさり解決したり、
冒頭のイワンのレース襲撃では、イヴァンはまだ社長父に酷い目に合わされた同情する人ポジションなので
ウィップラッシュとmk5のどっちを心の内で応援したら良いのかわからなかったり、
ダイナモアーマーの製作過程はサプライズ込みだろうから映せないにしてもドローンがいつの間にか完成していたり、
リアクター以外のmk6アーマーが凄い速度で完成していたり、
イワンが顔を出しまくった結果、リパルサー爆発に顔面が巻き込まれてスーツが破壊されてるのに顔が無事だったり


でも1と同じく設定改変をしてるのに違和感なく物語に溶け込んでてるというのはやはり凄いと思う
ハマーはまあここで使うのは少しもったいない気がしないでもないけど、
まったく接点のないウィップラッシュとクリムゾンダイナモを繋げて1人のキャラとして成立させたのは
(それぞれのファンではない自分的に)面白いと思った

あとなんだかんだでイワンが良い
全身に刺青入れてて強面でゴツイのに物理学者でやたら賢くて、しかも体が妙に頑丈と言うのが良い
観客にもわからないロシア語でハマーを馬鹿にして、その後に上げる笑い声が良い
いきなりドローンの首をもぎ取ってしまう辺りが良い
何故か半裸の上半身で危ないのに鞭なんて武器を選んでしまう辺りが良い
ほぼ生身で車に3回もはねられたのに平気でmk5と戦う辺りが良い
クリムゾンダイナモ作ってもちゃんと鞭を残していて、なおかつ大活躍する辺りが良い

ウォーマシンもパラジウム毒素もニックもキャップの盾もドローンも色々あったけど、
やっぱりこう、個人的には画面でイワンがにやって笑ったり大暴れしてるのが楽しい映画だった
もう一度見に行く時はもうちょっと他の所も観察しようと思う



とりあえず今日から爪楊枝咥えて、お金を貯める事にする

スポンサーサイト

PageTop

アベンジャーズ購入

アベンジャーズ・ブレイクアウトを購入。
光文社時代はキャップとか色々出てたけど、アベンジャーズ自体は初の単独邦訳なんだなあと思うと色々感慨深い。
(ニューアベンジャーズだけど)
実はアベンジャーズタイトルを読むのは原書邦訳通して実質的には初めてなので凄く新鮮。


物語の方は本当に序章と言う感じ
一度は解散したアベンジャーズがエレクトロの事件をきっかけに再び集まる…と言う流れで結成されてこの話は完結。
ベンディスは読んでない身からするとあんまり良い話を聞かない人なんで不安だったけど普通に面白かった。
誰にも返事を返してもらえないのに喋り続けるスパイディとか、キャップと社長の会話とか良い味を出してると思う。
ちょっとフキダシの量が多くてくどい気はするけど。


あと相変わらず凄い量の解説ブックレットが笑える。
日本での空白期間のストーリー展開を一気に解説しないといけないから仕方ないんだろうけど、そういう意味ではストーリー展開とかキャラ紹介のムックを出して欲しいなあ。
今度出るマーベル大辞典がそれに当たるのかもしれないけど(出来ればDC大辞典も出して欲しい)


とりあえずキャップと社長の活躍を日本語で読めると言う点で価値は十分にあると思う。
と言うわけで正直続きが気になって仕方が無いので続刊も出してください。
買います。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。