コロラドの時々日記

トランスフォーマーを中心にアメコミの事を載せたりするブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

タイムマスターズ・バニシングポイント#3

毎度おなじみの冒頭、リップの子供自体パートでは今回は31世紀へ
ブレイニーに借りたフライトリングで飛び回り、気に入って欲しがるものの
それをきっちり断りながら
「リージョンの規則であげられないけどカーター一家ならいつでも大歓迎だよ」と言うブレイニーが素敵
そしてブースターさんがこれから一体何をすればブレイニアック5に心を許されるのかが謎…

今回の話はスターファイア&ブースターとクロー&リップの2視点構造
スターファイアさん(もちろんタイタンズとは別人)は
クローと同じくDCエクスプロージョン期にアドベンチャーラインの一環として個人誌が立ち上げられ、
8号で連載が終了したお方
(ちなみにクローの方は12号打ち切り)
名も無き惑星で奴隷として生まれて、マイゴーグに対して反乱軍を結成するところで打ち切られた…とかなんとか
前回から引き続き抵抗活動中が描かれてるという事は、今ブースターさんがいる場所はその名前の無い惑星と言うことか

そして2人は女魔法使い操るドラゴンからハルとスーパーマンを助け、反撃に
すると女魔法使いはリップたちを捕まえている、クロー側の魔法使い連絡を取ると言う予想外な手段に
そんなクロー側の邪悪な魔法使いが話している隙を見て取ったスキーツはクローを解放するものの、
再び魔法使いに捕まってしまってリップ側の話は終了
さらにリップ達を捕まえているのと同じような触手を呼び出した女魔法使いはブースターたち4人まで捕まえてしまう…

最後は時の最果てでブラックビートル、デスペロ、ウルトラヒューマナイト、デガトンの4人がライナーマンを見つけておしまい

今回名前が呼ばれた事で初めてスターファイアだと言うことに気づいたのだけど、
ファンタジー系のクローやスターファイアをブルース帰還にどう絡めて使うのかが楽しみなところ
リップ側の魔法使いとかブースター側の女魔法使いも名前があるキャラだったりするのだろうか…

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。