コロラドの時々日記

トランスフォーマーを中心にアメコミの事を載せたりするブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

All hail megatronVol.3

今更ながらオールハイルメガトロン3巻の感想
とは言ってもオールハイルメガトロンそのものは通しで持ってないんで読めてないのだけども

※オールハイルメガトロン
本気出したディセップが地球を占領して、オートボットがそれに対抗する話。
これまでのIDWミニシリーズの総決算かつ現行オンゴーイングのプロローグ。

そんなAHM3巻は実質のところ短編集と言うか、スポットライトのTPB4巻と言ったところ
スポットライトはワンショットのオンゴーイング(クライシス後のシークレットオリジン的な)で、
毎号取り上げるキャラが変わって、本編への伏線が貼られる事もあればキャラの過去話で終わったり、隙間埋め話になったりする
読まなくても大体わかるけど読んだら面白いよ、って感じのシリーズ。

収録されているキャラはブラー、クリフジャンパー、ドリフト、ジャズ、メトロプレックスの5人。
とりあえずそんな5人を1人ずつ感想を書いていこうと思う

・ブラー
戦争が勃発する直前の話。
レーサーとして名声を得て奢っていたブラーがどうしてオートボットに入る事になったかが描かれているのだけど
それ以上に戦前のサイバトロン星がどんな感じだったかが描かれているのが個人的には嬉しい。
エナジョン酒場から段々人が減って行く様子は非常に寂しい。
そしてオートボットに入ると決意して、
伝達員としての最初の任務を果たすブラーがスピードスター的な演出で描かれていてカッコイイ。
あとアニメイテッドのバルクヘッドがビークルモードでカメオ出演。

・ジャズ
「謎の兵士」のお話。
ディセップの圧倒的優勢な中、何故トラックスが希望を失わないか、その理由を描く過去話。
光学センサーをやられた上、精鋭のプレダコンが徘徊している中、自らの危険を顧みず助けに来てくれた「謎の兵士」。
隠れ込んだものの絶望しきったトラックスに「謎の兵士」が勇気付けるために叱咤する、
(トラックスの胸のオートボットマークを指して)
「これを付けたとき、俺達は約束をしているんだ」
「そう、俺達自身、そしてサイバトロン星にいる全員」
「そして過去と現在の、そして未来のオートボット全員に対して」
「あきらめないと」「いかなる時でも希望を失わないと」
と言うやり取りが素晴らしい。
そして最後の2台詞で場面が切り替わって、現在トラックスが喋っている辺りが素晴らしい。
最初はバンボビーとクリフジャンパーに話していただけなのに、この場面切り替えで基地にいる何人ものボッツがいる辺りが良い。
そして話のオチとして、トラックスの体験談を聞いていたプロールがそれをジャズに話し、
その場ではジャズははぐらかすものの、最後にさりげなくトラックスに言葉を返す辺りが素晴らしい。
と具体性に欠ける絶賛を。

・クリフジャンパー
ある惑星に来ていたクリフジャンパーはキータとコールと言う姉弟に出会う。
両親を失っていた2人のところへクリフジャンパーはお世話になる事に。
しかしある日、ディセップの集団が襲来、クリフジャンパーはたった1人、ゲリラ戦法で立ち向かう事に…
と言う話が微妙にマンガチックな絵柄で展開される話。
アクション性には欠けるけど、クリフの心の内が描かれてて良かった。

・ドリフト
時間軸的にはミニシリーズとAHMの中間。
クリスタルシティを離れて1人放浪している中、因縁のターモイルと出会い、オートボットに入隊するまでの話。
ミニシリーズでは見れなかった刀を駆使して、腰を落としたクリスタルシティ剣術で戦うドリフトを見れるのが良い。
物語的には繋ぎと言う感じで可も不可も無く。

・メトロプレックス
今回最もアクションシーンが迫力ある話。
全編とにかくスロットルボットとシックスショットの追いかけっこが続くけど、その戦闘が実にカッコイイ。
メトロの巨大感も非常に迫力があって盛り上がる。
物語的には謎撒きが中心なので少し消化不良な感じ。

とにかく今回はハズレなしの全編良い出来なのがまず素晴らしい。
クリフだけ普通かなあと思いつつも、それでも全編面白い。
ジャズとメトロの話だけを目当てでも買う価値はあり。

スポンサーサイト

PageTop

Major Sparkplug with Autobot Whirl

前回の更新をさぼっていたので同時になってしまったけど
今回のヒューマンアライアンスベーシックはホワール&スパークプラグ少佐のセット。
ホワールはG1の頃からヘリに変形するTFとして何度もラインナップされてて、
映画シリーズではブラックアウトの仕様変更品として発売されてるけど完全新規なのは本当に久々。
スパークプラグは言わずもがなのG1キャラクター。
バックファイア付属のスパイクと合わせれば(設定はわからないものの)親子顔合わせとなる。

バイオ
ホワールは自分の周辺状況や、
集めてきた情報からの作戦立案に助言を求め、
パートナーであるスパークプラグ少佐はそれを了承した。
そしてスパークプラグは多くの時間を使って、
敵陣や深く潜んだ敵を調べているのだ。


非常にごく平凡なバイオ。ホワールは軍務に熱心で几帳面な性格と捉えれば良いのだろうか。


前回と同じく開けたあとに詰めなおしたパッケージ。
2011-06-12 20.21.29
ローター部分が外して詰められてるのが特徴と言えば特徴。

ロボットモード&スパークプラグ少佐。
2011-06-12 22.30.59
ヘリ形態での運転席を上手く畳めてると思う。
ガドリング砲は自在につける事が可能だけど、腕の下につけるのがカッコイイのではないだろうか。

頭をビークルモードの位置にするとこうなる(武器の位置も変えてみた)。
2011-06-12 22.31.30
集光ギミックのための後頭部のクリアパーツがサーチライトになっているわけだけど、
単眼だったG1ホワールを連想させてくれる素晴らしい造形。
ただし開発者側で意図されたものかどうかはコメントが無かったと思うので不明。


ホワールのビークルモードはこれまでどおりのヘリコプター。
ただしサイズが小さいため、アメトイで良く見るコクピット開放型のヘリコプターになっている。
こういうデザインのヘリって実在するんだろうか?
2011-06-12 22.28.44

少佐を乗せるとこんな感じ。
2011-06-12 22.29.11
横についている連装ガトリング砲はC字ジョイントで好きなところに取りつけが可能。


そして武器モードにしてみる。
2011-06-12 22.27.28
ヘリのプロペラを畳んで銃口にするギミックが良い。
コクピットが変形して銃座としてちょうど良い形になる凝った作りも好印象。
そして相変わらずのガドリング砲が武器としての迫力を出してくれる。

とりあえずこの銃座から武器っぽく変形させてみる。
2011-06-12 22.33.29
2011-06-12 22.25.33


スタースクリームに持たせてみた例。
2011-06-12 22.35.37
スタスクは脇に5mmジョイントがあるのでこういう腰だめっぽいポーズでの保持がしやすいので
HAベーシックの武器モードを持たせるには最適なキャラじゃないかと思う。
唯一の欠点はHAはオートボットが中心でこいつがディセップな事だろう。

総評
全体的に非常に凝った作りで、造形がカッコイイ。
ビークル時のコクピットが狭い上にわりと無茶なポーズを取らせなければならないので乗らせにくいのが欠点。
しかしロボットモードでのかっこよさ、武器モードでの使い勝手の良さやプロペラの変形の面白さ、C字武器の汎用性の高さ、
それから裏返すことでG1オマージュっぽく見える頭部の造形になる点が素晴らしい。
やはりHAベーシックは優れたシリーズだと思う。

PageTop

Sergent Chaos and Icepick

今日はおもちゃレビューとしてTF3から導入された新シリーズ、ヒューマンアライアンスベーシックから
カオス軍曹とアイスピックを紹介してみようと思う。

まずは箱裏に書かれているバイオの訳を
アイスピックは人間を嫌悪している。
しかし、そんなアイスピックのコンバイナー部隊は破壊されてしまい、
その事によってアイスピックは仲間との連携の力を思い知らされたのである。
そんな折、不良兵士であるカオス軍曹はオートボットを内側から破滅させる計画を
アイスピックへと持ちかけたのだった。


とりあえずなんでディセップ側のキャラが人間とコンビ組んでるの?ってのがわかって面白い。
カオス軍曹が一体何を目論んでてどういう性格なのかわからないのが難点だけども…
あと以前スチームハンマーを紹介したパワーコアコンバイナーズシリーズでもアイスピックと言う同名キャラが出ており、
なおかつPCCシリーズが映画(から拡張した玩具)の世界観の商品だと言う設定が生かされているのが素晴らしい。
ただPCCのアイスピックはミニコン2パックで手足となるコンバイナーがいないわけだけど…
まあ、どこかで手に入れたんだろう。
PCCのスチームハンマーでもあった同名の別商品をバイオに絡めてくれるのは素直に世界観を広げてくれて良いと思う。
ただアイスピックやカオス軍曹がどんな性格の人物なのか、
これが書かれていたら設定的な面白みに加えて遊ぶ時の面白さもあって完璧だっただけに惜しいなあと思う。

と言うわけで本題のアイスピック&カオス軍曹(今更ながら凄い名前だ)。
まずは開封後に詰めなおしたパッケージ画像。
2011-06-12 23.07.25
PCCの2パックに似た形になっている。
PCC版アイスピックの箱と並べてみたいけど、持っていないのが残念。

次はロボットモードとカオス軍曹の2ショット。
2011-06-12 22.43.18
雪上車らしい白を基調にディセップらしい紫を配置した色彩がカッコイイ。
肩関節は前後にスイングし、膝は2重関節で太ももにロール軸があるので可動範囲は非常に広い。

C字ジョイントをバーに挟んで武器を持たせるわけだけど、
バーの位置がビークルモード重視なのでロボットモードでは変な感じに。
2011-06-12 22.43.18
爪っぽい持たせ方にしてみる。
正直外して別の奴に装備させておくか、肩のハンドルに装備させても良いかもしれない。

2011-06-12 22.43.36
顔のアップ。
ヘッドライト共にクリアパーツの使い方が綺麗。

ちなみにカオス軍曹はこれまでのHAシリーズのフィギュアと同じぐらいの大きさ。
なのに、ディティールが格段に進歩しているのが好印象。
ついでに手首に回転軸が増えたので非常にハンドルを握らせやすくなったのも進歩だと思う。



2011-06-12 22.41.26
ビークルモードは非常にGIジョー的なデザイン。
ビークル&フィギュアラインで同デザインのものが発売されていてもまったく違和感がないと思う。
GIジョーにはそこまで詳しくないのでわからないのだけど、
エナジョンの時のスノーキャットみたいにGIジョーのビークルがモチーフのTFなのかな?
クリアパーツを上手に配置したフロント部分がカッコイイ。

2011-06-12 22.38.54
フィギュアを乗せるとGIジョーと言うかコブラっぽさはさらに上昇する。

2011-06-12 22.41.05
適当に武器を装備させてみたところ。
C字ジョイント接続なので武器の配置の自由度が高いのは嬉しい。

そして武器モード。
これ単品では謎の芝刈り機にしか見えないけど、他のキャラに装備させると印象がぐっと変わる。
2011-06-12 22.37.47


スタスクに装備させるとこうなって、
2011-06-12 22.36.25

2011-06-12 22.37.06
メガトロンに装備させるとこうなる。
武器としては大きいので関節が負ける事があるものの、ハッタリが聞いていておまけギミックとしては十分。
脇にジョイントがあるスタースクリームだと抱えるように装備出来るのでかなりカッコイイと思う。

総評としてはかなり出来の良いTFだと思う。
サイズが小さくなり、車モチーフから開放された事で人形と絡めての遊びが非常にしやすいのがHAとしてのポイント。
武器モードに変形させて他のキャラに装備させられるのも大きい。
(スケールは?って考え始めると答えに困るので考えない方が良い)
そしてそういうHAベーシックのシリーズ規格の良さだけじゃなく、
単品のTFとしても変形が面白くかつかっちりとビークル時、武器時に固定出来るのはポイントが高い。
人間フィギュアとして絡めても良し、武器として他のTFに装備させても良し、小さめの1体のTFとして遊んでも良し、
HAベーシックの色んな遊び方をかっちりした出来でちゃんとこなせるのがアイスピックの良さと言うべきか。


ただ気になる点が一つ。
このアイスピック&カオス軍曹は輸入トイ店で1890円で買ったわけだけど、
そのお店は基本1ドル=200円換算での値段付け(ハズブロ価格は9ドル99セント)。
で、Amazonに登録されてる同HAベーシック商品の価格は「3割引で」1800円の定価2600円。
まあハズブロ版が安いのはいつもの事だけど、なんかこう日本版価格にしっくり来ないものが…

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。