コロラドの時々日記

トランスフォーマーを中心にアメコミの事を載せたりするブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ReGeneration1 #82

前回に引き続き#82の感想

あらすじ
核ミサイルを発射したメガトロンは地上でオートボット用の脱出艇を2隻発見する。
そしてディセプティコン達に追跡するよう指示をしながら、「ラチェット」に対して話しかけるのだった。
少し離れた場所ではレッカーズは偵察を出しながら潜伏をしていた。
(読者に対しての状況説明があったあとに)ホワールが帰還、行動を開始する。

同じ頃、グリムロックはネビュロス星に到着する。
グリムロックはヘッドマスター、パワーマスターに携わった事でトランスフォーマーの体に詳しいネビュロス人に
ニュークリオン要素のない新しい体を作るように要請する。
そしてコラージャ宇宙港へと着陸するのだった。
一方、サイバトロン星ではマグナスがそのグリムロックと連絡を取っていた。
そこへ、トレイルブレイカーがカップ達が宇宙船を奪って地球へ向かったとの報告を持ってくる。
マグナスはあまりの事に怒りを抑えきれない。

再び地球。
移動を開始したレッカーズだったが、捜索ディセプティコンの一団に見つかってしまう。
カップは残りのメンバーに移動を指示し、1人立ち向かう。
ネビュロスのコラージャ宇宙港ではグリムロックが降り立つものの、そこには誰もいなかった。
だが、建物へとグリムロックが向かった途端、攻撃が始まった。
しかし攻撃している相手のおかしな様子を見たグリムロックは、これまでとは違い撃つ事をためらう。
最終的にカップは捕縛され、メガトロンの元へと連行される。
そんなカップに対してメガトロンは地球などどうでも良く、オプティマスを呼びつける事だけが目的であり、
それを聞かせる相手として殺さなかったと語ったのだった。

そして残りのレッカーズは生き残りの地球人と遭遇、
即座に逃げようとする地球人に対して味方であると呼びかけるが、
そこに飛来したサーキットスマッシャーを名乗る超人によって言葉を阻まれる!


滑り出しといった感じの前回に比べて、話ががっつり進み始めた感のある話。
最後に出てくるサーキットスマッシャーのインパクトも抜群。

キャラクターとして焦点が当たっているのはラチェットとグリムロック。
意識もなく、メガトロンのバトル・スレッドに部品として組み込まれているラチェットは
半ば狂気に陥っている現在のメガトロンの心理状況と、
そこまでして殺さない・殺せない2人の関係性を一発で分らせてくれる良い演出。
でもパッと見は凄く悪趣味。

グリムロックは心理状態の変化が意外なところ。
マーベルUSでもG2でもとがっていて、とりあえず敵なら攻撃する姿勢だったグリムロックが
「操られている」と見て取った瞬間に撃つ事をためらい、そのまま倒されてしまうのは相当の変化。
どうも怪しいネビュロス星の様子を見るに、
ニュークリオンとネビュロスが地球の対メガトロンと同じく話の軸になる様子。
後々の作品ではネビュロスはほぼ忘れられている設定だから、そういう意味でも取り上げられるのは嬉しい所。

そして何故レッカーズにG2ローターフォースのレッドフットが混じっているのだろうか……
凄く気になる。

スポンサーサイト

PageTop

ReGeneration1 #81

やっとついにReG1のTPB1巻が届いたのでその感想を書く
TPB自体には#80.5~85が収録されているので、フリーコミックブックスデイでもらい逃した人でも安心。

あらすじ
訓練を終えたカップはスプリンガーに連れ出される。
カップはウルトラマグナスに行動許可を願うが、渋い返事しか返らなかった。
そして、その様子を見ていたサウンドウェーブはインセクティコンを潜入させ、爆破テロを狙っていた。
だがそこにレッカーズが突入、テロは未然に防がれる。
カップはその後、プライムへの陳情を願い出るが以前と同じくホットロッドが応対するのみだった。
ホットロッドに対し、カップは「プライムは変わってしまった」と、
反対を押し切ってニュークリオンへの対策を探しに向かったグリムロックを引き合いに出して
現在のプライムの弱腰の対応を嘆くのだった。
同じ頃、ポリヘックスではサウンドウェーブがブラジオンに連絡を受ける。
ブラジオンは「秘密兵器」を備えており、そのために必要なものを用意してもらいたいと告げた。
その後、レッカーズは無断で行動に出ていた。
太陽系へ到達したレッカーズが放った偵察機に映し出されたのは崩壊したサンフランシスコ、東京、パリ。
唖然とする面々の前でメガトロンからの連絡が入り、核ミサイルが船に向かって放たれる……。

期待通りの展開、と言った所。
あの表紙でメガトロンが復活していないと思う人はいないと思う。
ユニクロンの悪夢を見ながら、カップに「弱腰」と指摘されるオプティマスの真意が気になるところ。
グリムロックの方はまあ普通に先の展開への伏線だと思う。
そして妙に元気そうに生きていたブラジオンの「秘密兵器」はシルエットから見るにサンダーウイング?
創造のマトリクスに乗っ取られて死んだはずだけど、コミック版を象徴するキャラの一人ではあるので
再登場と活躍に期待したいところ。

今回気づけた小ネタは2つ
サウンドウェーブから出てくるのは、これまでメディアに登場した事のなかった(はず)デラックス・インセクティコン。
ついでにそいつらにやられてるのはG2スカイコーチャーズの面々。地味だ。
2つ目はカップたちが手伝ってもらったコズミックカーニバル。
こっちは#44に登場したもので、スカイリンクスが捕まって芸をさせられていた。
アダム・ストレンジか初期のフラッシュでよく見るような禿頭の人が座長をしている。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。