コロラドの時々日記

トランスフォーマーを中心にアメコミの事を載せたりするブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ReGeneration1 #83

あらすじ
突如現れたサーキットスマッシャーを名乗る超人はレッカーズに攻撃を加えながら
いかなるサイバートロニアンも許さない、と語る。
だがそれに対しトップスピンは「君の一部はそうではないのか?」と返した。
サーキットスマッシャーはスパイク・ウィトウィッキーであり、
かつてフォートレスマキシマスの一部であったのだ。
それでも許容するつもりを見せないスパイクに対し、生存者であるゴードンはレッカーズを助けるよう頼み込む。

オプティマスはホットロッドに対し、カップ達の言うことは事実であると語る。
今の自分は決断力を失っていると。
だが、それは「復活」によるものではなく、死の前後で自分は完全に連続していると断言もするのだった。

基地へ向かう途中、スパイクはどうして地球がこうなったかを話す。
1994年、地球へ落ちたままとなっていたアークの調査によってメガトロンが再起動し、
あらゆる障壁を退けて世界中の核ミサイルを利用した。
そしてアンダーベースサーガ以来、残骸として保存されていたディセプティコンを修復したのだ。
スパイクはフォートレスマキシマスとなって戦うものの、たった1人のオートボットであり、
敗北は目に見えていた。
そのように話すうちに生存人類の基地であるアーガスベースへと一行は到着する。
基地へ入ったレッカーズは出迎えられる間も無く、
現れたGBブラックロックによってオプティマスはどこにいるのかとたずねられるのだった。

一方、サイバートロンでもオプティマスはマグナスとトレイルブレイカーからカップ達の行方を聞いていた。
そんな折、地球よりレッカーズの代表としてスプリンガーから送られた通信が届く。
スプリンガーの通信は地球の現状を伝えるが、それと共にマグナスがもう1つの通信に気づく。
それはメガトロンからの宣戦であった。

アーガスベースでは主要メンバーによる会議が行われていた。
メガトロンの基地はアークであり、すべてをアークに依存している。
そしてそのアークを守るのがアンティであり、アンティが起動している間は実質的に近づく事が不可能なのだ。

メガトロンは足元に転がるカップを見せる。
カップにはスクラップレッツが感染させられており、そのうちネジの一本まで食べられてしまう。
それを見たスプリンガーは行動を起こす事を決意、
同時にオプティマスもまた側近を連れて地球へと出向くことを決意するのだった。
選ばれなかったホットロッドにオプティマスは自分自身の判断であると話す。
戻ってくるつもりではあるが、そうではない場合はホットロッドが最後の希望となるからだ、と。
オプティマスとマグナスを見送ったホットロッドは歩き始めるが、不審人物にぶつかられる。
不審人物ことダートバグはどこかへと報告を行う……

トーキュロンでは蜘蛛のようなサイボーグ生命体が上空からの攻撃の元逃げ惑っていた。
この惑星を制圧したブラジオンはサイバートロンのサウンドウェーブへと通信を送るのだった。



地球人が出てきた事で物語ががっつり動きだした感じ。
何よりもうれしいのはGBブラックロックの再登場。
たまたま近くにいた事でユニクロンとの決戦に参加させられて、
その後も崩壊するサイバートロンに取り残される役回りだったけど、#80の後でちゃんと地球へと送ってもらえた様子。
しかしアーガスベースにはネオナイツの姿が無い。
スパイク&マキシマスが戦うコマでダイナモ、ラプチャー、サーキットブレイカーらしき影が書かれているけど
このまま戦死してしまったのだろうか……
(一応TFwikiには登場キャラクターの欄にサーキットブレイカーが載せられていた)

一方サーキットスマッシャーになったスパイクは命を共有するマキシマスが戦死し、
本人も重傷を負った中でヘッドマスターのサイボーグ体を応用して治療された、とも説明された。
スパイクは単にヘッドマスターのヘルメットを被っただけではなかったという驚愕の事実。
能力、コードネームが似ている辺りサーキットブレイカーとも関係しているのだろうけど、
その辺りの詳しいことは語られず。

そしてアーガスベースに用意されている兵器はなんとバトルスーツ!
UK版に登場した、人類用の対ディセプティコン防御兵器が普通に量産されている。
(回想シーンでは等身大の装甲服を着た人がいるけど、こっちは元ネタ不明)
何気にショックウェーブと互角に渡り合った事もあるバトルスーツなら、って思うけど
まあたぶん多勢に無勢だったんだろうなあとも思う。

さらにアークの防衛装置として登場するのがアンティ。
こっちもUK版の最初期に出てきたアークのメインコンピューター(たしかテレトラン1より早かったと思う)
アーク内部に用意された防衛装置を突破するためにオプティマスとメガトロンが協力までしていたけど、
どうやらそれを地球人&レッカーズで突破することになるらしい。

物語そのものも起伏に富んでいるけど、それ以上に引っ張ってきたネタがすばらしい。
小ネタにとどまらず、ストーリーにがっつり絡んでいる辺りは流石ファーマンと言った所。
そして何よりもうれしいのはGBブラックロックの再登場。
まさかあのブラックロックがカメオ以上で登場して、
さらに台詞があるどころかメインキャラとなるのは予想外すぎて本当にうれしい。
これだけでReGeneration oneは読む価値があると断言出来る。

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。