コロラドの時々日記

トランスフォーマーを中心にアメコミの事を載せたりするブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

トランスフォーマーズ#3

以前に間違えて注文したまま積んであったIDWのTFの最新シリーズの#3を読んでみたら面白かったので
突発的にそれをまとめてみようと思う記事


トランスフォーマーズ#3 A RUDE AWAKENING
ライター:マイク・コスタ Mike Costa
アート:ドン・フィゲロア Don Figueroa
編集:アンディ・スコミド Andy Schmidt

基地に座り込み、悶々とするジェットファイア
それに対してホットロッドは落ち込まないよう話しかける
そんなジェットファイアの前に現れたのはコンストラクティコンとスタンティコン
しかしもはやディセプティコンではない2チームが戦い始める事は無かった
そんな中、ジェットファイアは何をするべきか考える
その頃オプティマスは米軍基地で合衆国政府との対話を求めるが、それをかなえられずにいた

重苦しい空気の中、それを嫌い外へと出て行くホイスト達4人
荒野を走っていた4人は突然の攻撃に出会う
ブラーが倒れる中、ビーチコンバーが捕獲されてしまう
特殊部隊の人間に銃を向けるトラックスを止めるホイストだったが、その隙にホイストも捕まってしまった
残るトラックスはブラーに逃げるよう声をかけ、脱出を試みるが逃げ延びられたのは足の速いブラーだけ
そして捕まった3人はオプティマスを囲む檻へと連れて来られたのだった…


オールハイルメガトロンシリーズが手に入らず読めないままに
ラストスタンドオブレッカーズの#1と間違えて注文してしまったTF#3だけど、
割りと話は理解できるし面白かった
とりあえず戦争は終わって鬱々としている状況さえわかっていれば話には付いていけていると思う
話の構成としては米軍の所にいるオプティマスとオートボット基地にいるマグナス達の2視点

とまあ当たり障りの無い感想を書いて来たけど、今回素晴らしいと思ったのはアート
フィゲロアのアートだからカッコイイのは当たり前って思うけど、
今回のシリーズではカッコイイから一歩進んだ感じ
キャラクターの表情がとにかく巧みで苦々しいわけでも鬱陶しいわけでもない、無気力な感じの顔や
むなしい感じの顔、楽しそうな顔が紙面の上で見事に表現されてると感じた
ただ顔の人間っぽさと言うか擬人化の度合いも上昇してるのは評価の別れるところか
もちろん細かなディティールの書き込みも進歩してて、映画風のデザインと似合ってて良い感じ

オンゴーイングも面白そうなのでいつかは買わねばならないと思った(多分半年後ぐらいに買ってると思う
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。