コロラドの時々日記

トランスフォーマーを中心にアメコミの事を載せたりするブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

Bakugan Ultimate Handbook

今日は爆丸アルティメットハンドブックの紹介
(今回はちょっとだけサンプル的なものをつけてみる)

αパーシバル

この本は昨年(10年)の9月に発売されたもので、その時点までに発売された
シーズン1の通常版とスペシャルアタック、
シーズン2の通常版、スペシャルアタック、爆丸トラップ、マクサス、
シーズン3の通常版、スペシャルアタック、バトルギア、コロッサスが載っています
内容的には上の画像を見ればわかる通り、
名前、簡単な種族説明、アニメでの登場、販売形態、系列キャラが載っているわけですが
基本的に1ページに1体取られているので(一部2ページ)、写真が大きくカタログ的に見るには最適
その上販売形態の部分では発売されてる属性だけでなく特殊バージョンについても網羅
ただまあ「アメリカで」コンプするには最適だけど、日本の場合は指加えて見てしまうのがちょっと悲しいところ
(数が膨大なんでセカイモンで特定の属性の特定のバージョンの特定のキャラを探したりするのは至難の業)

ページ数は252ページ、第3シーズンの爆丸以外はほぼ1ページなので
少なくとも150近い爆丸を一冊で眺められるのは大きな売りと言えるかも
あとこういう本で重要な検索性と画像解像度が高くてストレスがないのは素晴らしい
これを参考に国内でも発売されてる欲しい爆丸を探すも良し、
カタログ的にペラペラ眺めて楽しむも良し、
欲しい特殊バージョンを見つけて頑張って探すも良し、
現在発売されている中でトップクラスにカタログ性に優れているので色んな使い道が


ただまあこういう本にも欠点はあって
一番大きな欠点は宣材画像をそのまま使っている事
下の画像をごらんください
ねみゅす
(何故か後ろを向いていらっしゃるネミュス=日本名シャーマンさん)

宣材画像そのままっていうのは基本的に見やすくてわかりやすいんで、良い事なんですが
何故か一部のキャラだけ明らかにおかしい宣材画像が使われているのが問題
あと手動変形部分を動かしてるキャラと動かしてないキャラがいるのは一部の人はイライラするかも
(上のアルファパーシバルでも足の手動変形部分が開いていない)

もう1つの欠点はバトルギアのページでDXバトルギアとバトルギアが区別されずに載ってる事
DXは通常版より一回り大きく、透明で発光ギミックがついてる全然別物なので、そこらへんは区別しておいて欲しかったところ

あと1つはまあ出す時期が悪いって所
数ヶ月後には北米ではシーズン4が始まるわけですが、
9月という時期に出した事でシーズン3の爆丸が途中までしか載ってないのはマイナス
(コロッサスを大々的に宣伝したかったのはわかるんですが)
爆クローサーとか爆ダブルストライクの爆丸が何故か載ってないのも謎のマイナス点
もしこれの2が出るとしたら(出るとしたら)、どういう区分で本出すのかなあ…と
遠い未来に想いを馳せてしまうぐらいに個人的には残念な部分
今頃に出せばシーズン3も全部載せられるのになあ

まあ欠点はあるものの、現状で最高の爆丸カタログ本ではあるので
ちょっと興味がある、現状どれだけ種類が出てるのかわからないと言った方にはオススメ
根本的にフルカラー250ページで1000円をあっさり切る低価格も後押ししてくれると思います
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。