コロラドの時々日記

トランスフォーマーを中心にアメコミの事を載せたりするブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

クローントルーパー スーパーポーサブル

玩具の紹介も始めてみたり。

カメラ 113
スターウォーズ・エピソード2のフィギュア、スーパーポーサブル・クローントルーパーです。
パッケージにはClone trooper、クローントルーパー・NEWバージョンと表記されています。

b
大きさはミクロマンと同程度。10cm前後です。
付属品は右手に持ってる銃一丁のみ。
少し寂しいです。


c
SWのフィギュアは基本的に動かないのですが、
フルポーサブルの名前の通り、全身の関節が動きます。


e

f

カメラ
可動範囲はこんな感じ。
流石に同サイズのミクロマンと比べると狭いものの、それなりに動きます。
立てひざも可能。

が、股関節を左右に開けません。地味に致命的です。


d

g
それでも、これくらいのポーズは取る事が可能です。
可動軸が目立たないのでラインが綺麗なのもポイント。
首のボールジョイントが大きく、胸を大きく屈伸できるので
寝転んだ射撃(狙撃?)ポーズが決まります。


h
手首はやわらかいので、他から流用した武器などもちゃんと握れます。


i

j

k
遊んでいると意外と股関節が開けない事が気になりません。
派手なポーズを取るタイプのキャラクターじゃないからかもしれませんが。

クローントルーパーとじゃれているのはTFアニメイテッドシリーズのグリムロック。
それなりにメジャーなので他の方々も上げられているものの、
今度レビューを上げてみたいと思います。


l
スーパーポーサブル・クローントルーパーでした。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。