コロラドの時々日記

トランスフォーマーを中心にアメコミの事を載せたりするブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

SteamHammer with constructicons

新しい携帯に変わって(5年越しに追いついた)カメラ性能の良さに感動したのでパシャパシャ撮影して
レビューなんぞをやってみようと思う
このブログで玩具レビューをするのは多分1年半ぶりぐらい。

そんなわけで今回取り上げるのは
スチームハンマー
パワーコアコンバイナーズのスチームハンマーwithコンストラクティコン。

ボックス入りの売り方からわかるように5体合体のTFだけど
珍しいのは真ん中のスチームハンマーだけがロボットモードになって他の4体はビークル固定のドローンだと言う事。
TFの合体モノには珍しく本体がスカウトサイズでドローンがレジェンズサイズと言うコンパクトな仕様。
明言はしてないけど多分このシリーズは低価格と拡張性を売りにしてるから小さくしたんだろう。
ちなみに日本橋のアストロゾンビーズにてあんまり低価格じゃない4190円で購入。
(あとでyoutubeで動画レビューを見てたら15ドルで買ったとか言ってるのを見て色々と寂しい気持ちになった)

画像が多めになるので続きは続きを読むで

スチームハンマー
これがチームリーダーと言うか唯一の自我を持っているスチームハンマー。
シャベル部分を背中に背負い、ジャッキが横へと伸びてるあまり見ない面白いデザイン。
ウルヴァリンチックな爪もカッコイイ。
爪は動かして手元に密着させることも。

スチームハンマー
ビークルではブルドーザーに変形。
シャベルを上下に動かす事が出来る。


そして残り4体のドローン。
スチームハンマー
ドリルドローン。
掘削用ドリルは上下に動かす事が可能。

スチームハンマー
フロントエンドローダードローン。
こちらもシャベルが上下に可動。

スチームハンマー
プロウドローン。

スチームハンマー
スチームローラードローン。

スチームハンマー
スチームローラードローンのローラー部分は銀色でわざわざ傷付いた風に塗装されている。
スチームハンマーやプロウドローンのシャベル部分も同じように塗装されていて、
ちょっとカッコイイ&お得な感じ。

スチームハンマー
フロントエンドローラーと言う建機はあまり詳しくないけどベルトコンベアのようなモールドからして
多分シャベルですくった土砂をコンベアで持ち上げて他の車のバケットに流すんだろう。
建機だとビークルモードだけでもこういう風に遊べるのが楽しい。

スチームハンマー
他に凝っている部分と言えばここ。
これは背中側から見たスチームハンマーなのだけど、こいつはビークル形態では頭が収納される。
収納されると赤丸で囲ってある白いピンが下がってくる。

スチームハンマー
で、ビークル→ロボの際、腰をロボ形態の位置へと動かすことによって白いピンが持ち上げられて……

スチームハンマー
ぴょこんと頭頂部だけ出てくる。
耳っぽいところに指を引っ掛けないと頭が出てこないので、そのためのギミックだと思うけど面白い。
頭全部が出てきたら良かったのに、と思わないでもないけど
合体時では「腰はロボの位置だけど頭は収納」なのでこういう形に落ち着いたんじゃないだろうか。


スチームハンマー
そしてスチームハンマーが4体のドローンと合体したパワーアップモード。
アゴのごつい顔からバイザーだけの目も口もない顔へと変わるので印象が全然違う。
ついでに横幅もかなり広い……。

スチームハンマー
コンストラクティコンズの腕ドローンはいつものようにジョイントに指すことで自動変形するわけだけど、
今回は一味違う。
これは右腕にフロントエンドドローンが合体した状態。

スチームハンマー
そしてこっちが左腕に同ドローンが合体した状態。
親指が動く事で左右どちらでもおかしくならないように配慮されている。
これまでの腕ドローンと違って明確に指があるデザインなのでこうなってるんだろう。

スチームハンマー
実はスチームハンマーの合体形態も一味違う。
これまでの5パックのコアロボは胸にジョイントがなく、2パックのミニコンを合体出来なかった。

スチームハンマー
しかし今回のスチームハンマーはビークル・単体用ジョイントと合体用のジョイントを備える事で
2パック付属のコアロボと同じようにミニコンを胸アーマーとして装備出来るように!

スチームハンマー
もちろん他のPCCドローンとの互換性も健在なので手足を別の物に変える事も出来る。
ただジョイント位置の関係で腕を回すと肩の位置が下がって見える欠点がある。


一通り紹介をし終わったところで箱の側面に書かれてるテックスペック訳。
スチームハンマーはディセプティコン所属のチームに
自分と同名の人物がいる事を知っている。
だがこいつはまったく気にしていない。
蛮勇を持った奴が自分に挑んできたとしても、
パワーコアプロセスによって得た力を振るえば叩きのめすには十分だからだ。


気にしてない理由にあんまりなってない気がするけど、ここでの重要(だと思う)点は
ディセプティコンに同名の別人がいると言うところ。
ディセプティコン所属のスチームハンマーと言うとUK版に出てきたらしいトリプルチェンジャーと
エナジョンシリーズに出てきた合体兵士コンストラクティコンマキシマスのコアになるTF.
チームと言われてるのでおそらく同名の別人は後者の方を指してると思う。

スチームハンマー

スチームハンマー
そこでそれぞれ合体形態と個人で並べてみた。
本当に叩きのめせるのかが気になる体格差だ。
しかし両方ともコンストラクティコンとして合体するだけに普通なら同一人物の別の姿となりそうなところを
同名の別人にしてしまったところは新しい試みっぽくて良い。
(BWのライオンプロールとフクロウプロールの問題も同じようなものなのだろうか)
それにしても両者とも5体合体のTFで、基本色も一緒なのにまったく違うデザインになってるのは素晴らしい。


スチームハンマー
ついでに色合いが似てたなあという事で映画2シリーズのダートボスを引っ張り出してきた。
同じ黄緑でもスチームハンマーは緑よりでダートボスは黄色よりなので意外と違う。
しかし並んでてもあまり違和感がないと言うか、6体合体する同じチームの同僚にも見える……。


総評としては単品としての出来はこれまでのPCCシリーズから如実に進歩が感じられたり、
色々と想像を膨らませてくれるテックスペックが面白いので8/10点を付けたいと思う。
ただもうちょっと成型色は緑っぽくても良かったかも。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。