コロラドの時々日記

トランスフォーマーを中心にアメコミの事を載せたりするブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

今日の感想

後編を書こうとしながら、既に10日近く経ってる事に気付く
すみませんがもう少しだけ待ってください

という訳で今日のお題は「パワーオブシャザムが届いたよ!」

簡単なあらすじ
エジプトで遺跡発掘を共に行うバットソン夫妻とアダム
しかし、遺跡内でスカラベの首飾りを見つけた途端にシヴァナから発掘品を着服するよう言われていたアダムが豹変、CCバットソンを殺害する
そしてアダムは逃げたバットソン妻をホテルで殺害、娘のメアリーが見ていないのを良い事にメアリーを言いくるめて連れ去るのだった

場所は変わってフォーセットシティ
両親がいなくなり、頼りにしていた叔父の家からもたたき出されたバットソン少年は町で新聞売りをし
街の片隅に寝て日々を過ごしていた
そんな夜、ビリーの前にトレンチコートを来た謎の人物が現れる
謎の人物はビリーを地下鉄に乗せ、ビリー・バットソン少年は導師シャザムから6柱の神々の力を受け取る呪文、SHAZAMを与えられる…

といった感じのオリジンのリトールドになっています
(短編にしては)大ボリュームなのでエジプトのアダムの経緯やビリーの現状説明→シャザムに会う、だけでそれぞれ23ページ程度(普通のコミックの1話分)を使い、じっくりと描写されてるのが好印象

また、ビリーがキャプテンマーベルの力をもらった直後、混乱してなんかもう暴れまくってるのが凄く面白い
10歳の子供がいきなり大人にされてスーパーパワー与えられるんだから当然と言えば当然なわけですが
これも当たり前と言えば当たり前だけど意外だった展開として、「キャプテンマーベル」がビリーの父親CCバットソンに間違われまくる展開
あくまでマーベルの素体は大人のビリーって事を印象付けてくれて良い

ブラックアダムと言うかテオ・アダムとシヴァナがビリーを追い詰めていく描写も丁寧に描かれたので最後のキャプテンマーベルVSブラックアダムが素敵に盛り上がるのもポイント

総評としては、ゼロアワーでも背景キャラで通されたキャプテンマーベルなのに
これの評判が良かったからオンゴーイングシリーズをもらった、と言うだけあって、非常に手堅く面白い話

ただ1点文句を付けるなら、あまりにも優等生な出来すぎて歪だけど熱意だけは感じる、と言う部分が無いかなあと
逆に言うとこれくらいしか文句付けるところが見つかりませんでした

脚本と作画の両方をジェリー・オードウェイが担当してたり(普通は名前が並んで表記されるのに、これは"By Jerry Ordway"と書かれてるのが面白い)、90年代風なのにあまり90年代っぽくない作画や塗りも特徴

キャプテンマーベルに興味があるならこの手堅いオリジンから手を出すのも良いかと
(と言うかそれが目的で買いました)
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。