コロラドの時々日記

トランスフォーマーを中心にアメコミの事を載せたりするブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

リージョン・オブ・3ワールズを読む

いい加減何か書かないといけないと思っていたところにリージョンオブ3ワールズが届いたのでその感想
そろそろ何かものを買わないと記事をかけない癖は治したいなあ


あらすじ
30世紀に突如として現れたスーパーボーイプライムはスーパーマン記念館でジミー・オルセンロボットの案内を受けるが、そこで自分がスーパーヴィランとして紹介されている事に憤慨
リージョンのヴィランたちが収容されている惑星を襲い、復讐する事を決める

そして始まるリージョンオブスーパーヴィランズとLSHの戦い
その最中でリージョンの一員である30世紀の地球のグリーンランタン、ロンド・ヴィダーも戦死する…
と言った感じ

一言でいうと、とにかくキャラクターが多い
元々リージョンにはそれほど詳しくなく、プライム君の行動を見る目的で買ったのだがとにかくキャラが多い
でもすんなりと読めるのは確か
まあキャラクターごとのエピソードの積み重ねを知らないのでさらっと流してしまっているシーンもあるのだろうけど

ロンドが死んだ後、次の持ち主を探すリングが捕まれ、捨てられるシーンの絶望感や
今回の事件の首謀者が誰かわかるシーンの圧倒的な何かは凄い

そして話の締めが意外すぎるところで終わっていたり、とにかく娯楽作品として楽しかった


インフィニットクライシス、シネストロコーズウォーに加えて今回も結構殺し
挙句の果てに力を失ってアースプライムへ送還されたプライムくんですが
ブラッケストナイトで力を取り戻した以上、これからどうなるのかなあ
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。